running
直江津高校正門  直江津高校徽章
 
              

ご挨拶
 
同窓会会長 中 川 虎 三

新潟県立直江津高等学校・直江津中等教育学校同窓会のホームページを開設するに当たりご挨拶申し上げます。

我が母校直江津高等学校は平成24年3月をもつて、その歴史に幕を閉じ、平成19年に開校した直江津中等教育学校が本校の伝統を受け継いでおります。
そして平成25年今春、中等教育学校の第1期生111名が学び舎を巣立ち、過日新卒業生の同窓会への入会式が行われ、当同窓会の新しい歴史が始まりました。
 ところで、当同窓会が県立直江津高等学校・直江津中等教育学校同窓会と名称が変わり早いもので2年目を迎えております。
この間、母校を支援し各支部組織の強化を目指して各種行事を進めて参りましたが、この度、事業活動の一環として同窓会会報「直江津」を年1回刊行することになりました。
申すまでもなく、同窓会の目的は会員相互の連絡及び親睦を図るとともに、学校の振興に協力することにあります。
本会報を、学校と同窓生とを結ぶ情報交流などの手段として広く活用さることを願っております。
ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。


1910年(明治44年) 4月 中頸城郡立直江津農商学校開校
1921年(大正11年)11月 新潟県立直江津農商学校と改称
1924年(大正13年) 4月 直江津町立実科高等女学校を開校
1944年(昭和19年) 4月 新潟県立直江津農工学校と改称
1942年(昭和17年) 1月 新潟県立直江津高等女学校と改称
1948年(昭和23年) 4月 新潟県立直江津実業高等学校と改称
1948年(昭和23年) 4月 新潟県立直江津女子高等学校と改称
1950年(昭和25年) 3月 新潟県立直江津女子高等学校と新潟県立直江津実業高等学校とを統合し男女共学の『新潟県立直江津高等学校』となる。
1963年(昭和38年) 4月 工業科を新設
1964年(昭和39年) 4月 工業科を新設の新潟県立直江津工業高等学校へ移籍
1965年(昭和40年) 3月 創立以来53年の農業科の閉科
1982年(昭和57年) 3月 定時制閉科
1983年(昭和58年) 3月 三和分校閉校
1997年(平成 9年)11月 被服科閉科
2001年(平成13年)10月 商業科閉科
2007年(平成19年) 4月 直江津高等学校の校舎にて中等一貫教育の『新潟県立直江津中等教育学校』開校
2011年(平成23年)10月 創立100周年記念式典・開校式挙行
2012年(平成24年) 3月 新潟県立直江津高等学校閉校



直江津中等教育学校内(旧直校校舎)に同窓会資料室・事務局を開設してあります。

事務局で、卒業アルバム、生徒会誌『アカシヤ』などがご覧いただけます。
直江津にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

開設日:月・水・金 10:00〜16:00
〒942−8505 新潟県上越市西本町4−20−1 

TEL/FAX:025−531−1385

E-Mail:naoko-chuto@aisu.ne.jp
 メールアドレスQRcode メールアドレスのQRコードです。お手持ちの端末で読み取ってご利用ください。


















  直江津中等教育学校

  ふるさと上越ネットワーク事務局

  上越タウンジャーナル

  武蔵の国から












支部及び支部長一覧 (H25.10月現在)
役職氏名卒年
会長中川 虎三29
副会長武藤 正美      (中等教育学校校長)
佐藤 敏38
大島 静子44
猪嶋 一男44
常任顧問花ヶ前 盛明31
中井 良海32
顧問村山 秀幸42
中西 教子42
石澤 一子44
木浦 正幸46
監事松苗 恒男31
渡辺 武司34
事務局長筑波 孝夫46
支部支部長名卒年
直江津支部幸村 守泰38
五智支部中島 章司38
谷浜支部竹内 松山35
八千浦支部木南 進32
有田支部市村 輝幸50
保倉支部小出 一雄39
頸城支部伊東 祐男32
三和・板倉・清里支部中里 雅之50
高田支部栗田 英明48
春日支部風間 軍治32
新井・妙高支部竹田 勉46
東頸支部太田 昭治33
名立・糸魚川支部高橋 啓一42
大潟支部丸山 利夫44
柿崎・吉川支部小山 貞榮34
関東支部勝島 敏明33